【時代物】間が悪い…八つ当たりが原因でお家断絶

桃井若狭之助は、師直に罵り倒された口惜しさのあまり、師直を斬ろうと決心する。それを知った家老の加古川本蔵は、密かに師直へ賄賂を送り機嫌をとっていた。

賄賂の件を知らず師直と差し違える覚悟で登城した若狭之助は、松の間で師直を見かけ斬りかかろうとするが、手のひらを返したようにへりくだって謝る師直に、若狭之助は刀を抜くきっかけを失い、師直を罵って去ってゆく。

そこへ塩冶判官が登城し、師直に妻・顔世御前(かおよごぜん)からの手紙を渡す。その手紙は、師直が顔世に横恋慕していたことへの、断りの手紙であった。

不本意ながらも若狭之助に謝って面白くない上に、失恋した逆恨みも重なって、師直は八つ当たりで判官を散々に罵倒する。最初は我慢していた判官だが、屈辱に耐えかね、ついに刀を抜いてしまう。

ところが、場内見物のために控えていた本蔵にそれを抱き止められ、結局、塩冶判官は師直にとどめを刺すことが出来ない。場内はこの事件で大騒ぎになる。

主な登場人物

高武蔵守師直(こうの むさしのかみ もろのう)
幕府執事。人妻に手を出す、イヤな奴。史上の吉良上野介。

 

 塩冶判官高貞(えんや はんがん たかさだ)

伯州城主、御馳走役。史上の浅野内匠頭。

●桃井若狭之助安近(もものい わかさのすけ やすちか)
 桃井播磨守舎弟、御馳走役。短気で荒々しい。史上の亀井茲親。

 

●鷺坂伴内(さぎさか ばんない)
 高武蔵守師直の家臣。三枚目の道化方。お軽が好き。

 

●加古川本蔵行国(かこがわ ほんぞう ゆきくに)
 桃井家家老。史上の亀井家家老・多胡真蔭。

解説

『仮名手本忠臣蔵』は赤穂事件を元にした義太夫狂言。

南北朝時代という設定で吉良上野介(きら こうずけのすけ)を高師直(こうの もろのう)、浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)を塩冶判官、大石内蔵助を大星由良之助と名を変えて上演された。