【時代物】もうひとりの忠臣、裏・忠臣蔵。

浅草の本蔵の下屋敷に、若狭之助の妹・三千歳姫が病気保養を理由に訪れているが、実はそれは許嫁の判官の弟、縫之助から遠ざけるために預けられているのであった。

若狭之助の近習・井浪伴左衛門は、若狭之助や本蔵を殺し、お家乗っ取りを謀ろうと企み、茶釜に毒を入れる。また、伴左衛門は三千歳姫に横恋慕しており、姫を手に入れようと「殿の上意」と偽り、祝言を迫る。

嫌がる三千歳姫を連れて行こうとしているところを本蔵に邪魔された伴左衛門は、逆に「へつらい武士の汚名を殿に着せた」と本蔵の不忠を責める。そこに若狭乃助より本蔵成敗の御錠があり、伴左衛門は本蔵を縛り上げ主君の前へ引き立てる。

屋敷にて、自分が「へつらい武士」と呼ばれることになった原因を、本蔵に問い詰める若狭之助。本蔵は死ぬ覚悟を決めるが、本蔵の真の忠義を見抜いた若狭之助は、伴左衛門を討つ。また、本蔵が由良之助に討たれて死ぬ覚悟をしていることを察し、本蔵に暇を出してやることにする。

伴左衛門が毒を仕込んだところを目撃していた本蔵がその企みを告げると、若狭之助は餞別に虚無僧の誂(あつら)えと、師直(もろのう)の屋敷の絵図面を与える。それを受け取り三千歳姫の弾く琴の音に送られ、本蔵は由良之助の居る山科へと旅立ってゆく。

主な登場人物

桃井若狭之助安近(もものい わかさのすけ やすちか)

桃井播磨守舎弟。短気で荒々しい。史上の亀井茲親。

加古川本蔵行国(かこがわ ほんぞう ゆきくに)

桃井家家老。史上の亀井家家老・多胡真蔭。若狭之助に汚名を着せてしまったことを悔やんでいる。

 井浪伴左衛門(いなみ ばんざえもん)

若狭之助の近習。三千歳姫に惚れていて、お家を乗っ取り姫を奪おうと企んでいる悪い奴。でも色男。

三千歳姫(みちとせひめ)

若狭之助の妹。判官の弟・縫之助の許嫁。

平馬(へいま)
伴左衛門の家来。

解説

増補とは、本編には描かれなかった部分を補う形で取り上げた物語のこと。この「本蔵下屋敷」は三段目・松の間の後、九段目・山科閑居に至るまでの加古川本蔵行国を中心に書かれています。

作者は不明。初演年月も明らかではありませんが、記録によると明治25年(1892)の大阪 彦六座の人形芝居が最も古いようです。

 

大歌舞伎では愚作といわれ、めったに上演されないのですが、それぞれの役に見どころがあって、面白い芝居に仕立てられています。