【時代物】無情…主君の命ゆえ我が子を殺す親の悲しさ

一の谷に出陣する直実は、義経より須磨の陣所の若木をいたわるよう「一枝(いっし)を切らば一指(いっし)を切るべし」の制札を渡された。

平家の若い公達を無下に散らすなとの情のなぞであった。直実は須磨の陣で敦盛を組み敷いた時、我が子小太郎と同年輩なのでこれを助け、我が子の首を討って身代わりに立てる。弥陀六は討死したと聞かされた敦盛のために石塔を立てた詮議を受ける。義経は弥陀六を宗清と見抜き、幼時の折、母常盤と共に助けられし恩を謝し、敦盛を入れた鎧櫃を引き出物として与える。敵となるも味方となるも一場の夢、黒染の衣に身を包み世の無情を感じて直実は旅に出る。

主な登場人物

熊谷直実(くまがい なおざね)
義経に仕え、須磨の陣所を守る真面目なサラリーマン。

源 義経(みなもとの よしつね)
熊谷のイケメン上司。

白毫の弥陀六(びゃくごうのみだろく)
実は弥平兵衛宗清(やへいびょうえむねきよ)平家の武士。昔義経らを助けた。情け深い頑固な爺さん。

軍次(ぐんじ)
熊谷に仕える真面目な青年。

相模(さがみ)
熊谷の妻。ヒロイン。じっと耐える古風なお母さん。

藤の局(ふじのつぼね)
敦盛の母。

梶原平次(かじわら へいじ)
敵役。義経の兄の家来で、義経と熊谷を監視している。

解説

並木宗輔らによる浄瑠璃が原作。

五段ある中で、三段目の熊谷陣屋の場がよく上演される。平家物語の中の熊谷直実と平敦盛の話を題材にしている。
一谷嫩軍記では、敦盛は後白河法皇とその寵愛を受けた藤の局との子という設定になっている。