【時代物】光秀のたどる滅びへの序曲

  武智光秀は小田春永の屈辱的な仕打ちに耐えかねて、本能寺に主君を殺し、四国攻めから戻ってくる真柴久吉の軍に対峙した。その戦のさなか、ここは尼ヶ崎の竹藪に光秀の母 皐月が尼になった閑居である。皐月は光秀が三代相思の主人を殺したために光秀と絶縁している。

 そこへ、孫の十次郎が初陣の暇乞いに来る。十次郎の祖母 皐月と母 操は、許嫁初菊と祝言させて十次郎を戦場へ送り出す。

 久吉を追ってこの閑居の竹藪より現れた光秀は、一間の内へ手練の槍先を突っ込む。刺したのは、久吉にあらず我が母であった。残念至極と驚く光秀、刺されても我が子をいさめる気丈な皐月、操もろともに嘆き悲しむ。

 

 やがて、瀕死の手傷を負った十次郎が戦場より引き返し、味方の敗北を知らせる。進退窮まった光秀の前に、久吉とその部下 加藤正清が現れ、天王山で又の再会を約して光秀を見逃し幕となる。

主な登場人物

武智十兵衛光秀(たけち じゅうびょうえ みつひで)
イジメに耐えかねて、主君であった尾田春永を討った。史上の明智光秀。

武智十次郎光義(たけち じゅうじろう みつよし)
光秀の子。

皐月(さつき)
光秀の母。謀反を起こした息子に怒って家出、尼ケ崎に閑居していた。

操(みさお)
光秀の妻。

初菊(はつぎく)
十次郎の許嫁。

真柴筑前守久吉(ましば ちくぜんのかみ ひさよし)
主君の敵、光秀を討とうとしている。史上の羽柴秀吉。

加藤虎之助正清(かとう とらのすけ まさきよ)
史上の加藤清正。

解説

近松柳・近松湖水軒らによる合作。

明智光秀が織田信長を本能寺で討ってから、羽柴秀吉に敗れ滅ぶまでの数日を題材にしている。江戸時代には歴史上の人物を実名で語ることは避けられていたため、名をもじった人物たちが登場します。

歌舞伎では、全13段あるうちのクライマックス・十段目が主に上演されるようになり、『太功記』の『十段目』ということで『太十(たいじゅう)』とも呼ばれます。