【時代物】多くの名場面・名台詞を生んだ不朽の名作

 武部源蔵夫婦は、時平の手から救い出した菅丞相の若君、菅秀才をかくまって、都から遠くはなれた里で、寺子屋を開き、ひっそりとくらしていた。

 突然、源蔵は庄屋の所へ呼ばれ、「菅秀才をかくまっているだろう、もしそれが本当ならば、すぐにさし出すように」との命令であった。

 一方源蔵の家では、源蔵の留守中に見知らぬ女が、子どもを一人連れてあらわれ、寺子屋への弟子入りをたのんで、子どもをおいて立ち去っていった。

 

 思案にくれながらもどった源蔵は、新入りの寺子、小太郎を見てすぐさま菅秀才の身替りにしようと決めるのであった。今日、弟子入りしたばかりなのに不憫とは思いながらも、気品のある小太郎の面ざしが、菅秀才と似ている事もあり、天命とあきらめてもらおうと、女房戸浪と相談するのだった。

 

 いよいよ首実検がはじまり、松王丸と玄蕃は寺子屋の門口で寺子の顔を一人ひとり改めて帰宅させたあと、「菅秀才の首を出せ」と源蔵にせま。源蔵は、不憫ながらも、小太郎の首を討って松王丸のもとへ差し出

 

 実はこの小太郎こそ松王丸と千代の子で、菅丞相の恩にむくいる為に、身替りに立てようと連れてこられたのであった。そして松王丸と妻の千代は見事にお役に立てたことを涙ながらに喜び、用意の白装束で、息子小太郎の野辺送りをするのであった。

主な登場人物

武部源蔵(たけべ げんぞう)

書の大家でもある菅丞相(菅原道真)の一番弟子。問題を起こし破門になり、現在は寺子屋を開いている。

戸浪(となみ)

源蔵の妻。

松王丸(まつおうまる)

三つ子の一人。兄弟の中で一人だけ丞相の敵・藤原時平(ふじわらの しへい)に仕えることになり孤立。

千代(ちよ)

松王丸の妻。

小太郎(こたろう)
源蔵の寺子屋の新入り。松王丸の子。入門当日、秀才の身代わりに殺される。

春藤玄蕃(しゅんどう げんば)
藤原時平の家臣。

管秀才(かん しゅうさい)
管丞相(かんしょうじょう)の一人息子。源蔵の寺子屋に匿われている。

御台園生前(みだい そのおのまえ)
管丞相の側室。秀才の母。

涎くり(よだれくり)
道化役の寺子屋の子供。

三助(さんすけ)

解説

『菅原伝授手習鑑』は、『義経千本桜』、『仮名手本忠臣蔵』と共に歌舞伎の三大傑作とされ、特に「寺子屋の場」は、上演頻度も大歌舞伎、地歌舞伎ともに最も多いとされる演目です。

二代目 竹田出雲(たけだいずも)、三好松洛(みよししょうらく)、並木千柳(なみきせんりゅう)の合作で、平安時代の菅原道真(すがわらのみちざね)の失脚から天神となるまでの話を柱にした、菅家に仕える家に生まれた三つ子など彼を囲む人々の物語。

『寺子屋の場』の松王丸は、役者の腕が試される難しい役とされています。 序盤のおどけた場面から、後半の迫真の名場面まで、歌舞伎の面白さをギュッと詰め込んだかのような不朽の名作です。